高額査定が期待できるドール買取業者を徹底調査

ハンバーガーメニュー
ドール買取の見積もり・査定額を徹底比較 » 大切なドールの買取相場は? » リカちゃん

リカちゃん

このページでは、リカちゃんの買取相場と高額買取になりやすいドール、リカちゃんの特徴についてまとめてみたわ。

リカちゃん

リカちゃんの買取相場

持っている人も多いリカちゃん人形だけれど、レア品は貴重で高値も期待できるわ。参考にしてみてね。

その他

高額買取になりやすいのはコレ!

リカちゃんを高く買取してくれそうなのはどこ?
ドール買取業者の見積もり比較をチェック

リカちゃんの特徴

日本のドールの代表といえば、誰もが知ってるリカちゃん。1967年に企画・開発されて、累計出荷数は5,300万体を超えるとも言われているわ。

日本での着せ替え人形の代名詞とも言われ、ドールとしてだけでなく、いまでは企業の広告キャラクターとしても活動し、TwitterやInstagramも開設しているわ。

リカちゃんは、3~6歳の女の子をターゲットに作られているんだけど、大人のファンやコレクターの多いドールよ。そのため、種類によっては、高額で取引されているものもあるわ。

リカちゃんの仕様が、商品によって細かく変わっていること、ほとんどの製品の製造は1回限りで、同じ仕様のものは再生産される可能性が低いことから、新しいシリーズであっても、高値が期待できるものもあるのよ。

1967年発売された初代リカちゃんは、瞳の中の星が1つで、髪形は栗色の外巻きカール、ツーテール、おさげの3種類に、途中からアップヘアが加わったの。

1972年に2代目リカちゃんが発売。瞳の中の星は3つで、髪形は栗色の外カール。初代よりも少し大人びた顔つきになっているの。

3代目は1982年に発売。口角が上がって、少し微笑んでいるように見える表情が特徴。髪形にもバリエーションが出て、外巻きカールのほか、ロングのストレートや金髪も発売されたの。

1987年に発売された4代目は、いまも発売されているリカちゃんのベースになっているのよ。

ミスタードーナツやモスバーガー、サーティワンアイスクリームなどの企業とのコラボ商品も販売されているわ。

【体験】ドールの見積もり価格と買取価格は違うのか?徹底検証を見る

高く買い取ってくれるのはどこ?
ドール買取見積もり比較

Webから簡単見積もりが可能な各買取業者に依頼して、スーパードルフィー、ネオブライス、プーリップの3種類のドールを同じ条件で見積もりを出してもらった結果が以下の通りよ。買取依頼の参考にしてね。

管理人:ユメコ

管理人:ユメコ

ドール大好きアラフォー女子。過去に自分の大事にしていたドールを買取業者に依頼したところ、相場よりも安く買い取られてしまった苦い経験あり。ドール好きの人が悪い業者につかまって悲しい思いをしないよう、このサイトを作成。

ドール買取でお願いするならココ!見積もり・査定額を徹底比較