高額査定が期待できるドール買取業者を徹底調査

ハンバーガーメニュー
ドール買取の見積もり・査定額を徹底比較 » 大切なドールの買取相場は? » momoko

momoko

このページでは、momokoの買取相場と高額買取になりやすいドール、momokoの特徴についてまとめてみたわ。

momoko

momokoの買取相場

momokoの買取相場は以下の通りよ。ドールの状態や、どこの買取業者に出すかで値段も変わるけれど、参考にしてみてね。

CCS-momoko

ae

today's momoko

wake up

セキグチ

その他

高額買取になりやすいのはコレ!

momokoを高く買取してくれそうなのはどこ?
ドール買取業者の見積もり比較をチェック

momokoの特徴

momokoは、PostPetのアートディレクターが監修しているファッションドールよ。

サイズは、27センチのmomokoドールと9センチの豆momokoがあるの。

もともと、2001年に「桃子‐momoko‐」として生まれたの。その頃は、年に数回、開催されるイベントで新作の発表・販売が行われていたのよ。

ヘッド部分はペットワークスのオリジナル制作、ボディはタカラのスーパーアクションボディ、セキグチのCoCoドールのボディを使っていて、肌の色は普通肌、白肌、日焼け肌の3種類だったの。

2004年1月からは豆momokoが販売されたのよ。

2005年には、モンチッチで知られる「人形のセキグチ」から「momoko DOLL」としてメジャーデビュー。ボディは専用のものに変わり、可動部分が強化されて、首をかしげたり、ひざを揃えて座らせることができるようになったのよ。

2007年には、ビギナーからヘビーユーザまで、気軽に楽しめるベーシックラインの「Wake up Momokoドール」が販売。

momokoは、服や小物のクオリティが高く、おしゃれなファッションドールとして、ドールコレクターはもちろん、ドールに興味のなかった20~30代の女性の間でも人気になったの。

CM出演やモデル活動、ファッションブランド、アーティスト、ミュージシャンとのコラボレーションや、「みんなでつくるmomokoドール」という企画なども積極的に実施しているわ。

【体験】ドールの見積もり価格と買取価格は違うのか?徹底検証を見る

管理人:ユメコ

管理人:ユメコ

ドール大好きアラフォー女子。過去に自分の大事にしていたドールを買取業者に依頼したところ、相場よりも安く買い取られてしまった苦い経験あり。ドール好きの人が悪い業者につかまって悲しい思いをしないよう、このサイトを作成。

ドール買取でお願いするならココ!見積もり・査定額を徹底比較